留学生委員会 委員長挨拶

大阪府専修学校各種学校連合会留学生委員会は6年前に発足し、関西を留学生にとってパラダイスといわれる地にしたいというメンバーの思いを実現するために活動しだしました。

そのためには外国人留学生の入国から日本語学習、専門教育、就職、そして日本に定住または母国就職できるまでのあらゆる支援を行っていきたいと考えております。留学生に関わる方々が共に協力し合って困難な環境を改善するための努力をしていかなければなりません。

今後外国人留学生は政府の30万人計画によって今の学生の2倍になることが予想されております。これらの外国人留学生の入国は日本語学校経由で専門学校進学、大学進学、大学院進学する学生と専門学校、大学、大学院に直接入学する学生に分かれます。そして彼らの一つの着地点は就職です。

現在外国人留学生の就職は厳しい環境にありますが、我々関係者がこの環境を改善するための活動を強力に進めております。これらの環境整備をしないまま学校群が無秩序に活動しだしますと学生の質の低下を招き、30万人計画が頓挫する事態も発生しかねません。

そのためこれらの学校群が協力し合って外国人留学生に質のよい環境を提供することによってまず関西の地を外国人留学生から評価される地につくり上げたいと考えております。そのことをよく理解した外国人留学生達が勤勉に活動し、日本人社会から評価される存在として位置づけられ、より多くの外国人留学生を関西の地に呼び込むことができることになるでしょう。そして彼らは将来母国と関西をつなぐ架け橋的存在として活躍してくれることと思います。

そしてこのネットワークが日本全体にも広がり30万人計画の質も維持しながらの政策として定着すると共にこの外国人留学生が母国とアジアや世界をつなぐ存在として大いに活躍してくれることでしょう。彼らの活躍が母国と大阪・関西・日本との絆を深めることに貢献し、日本の活性化にも貢献してくれるものと考えております。

この様な背景を持ちながらこのサイトは、外国人留学生に関わる方々に活用していただくためにつくられたものです。このサイトを活用することによってお互いに情報を共有して留学生支援の質が高められることを願ってやみません。

PAGE TOP